床矯正に対する考え|床矯正専門サイト 奈良県香芝市 柳原歯科医院


床矯正に対する考え

歯を抜かず いい顔作ろう 床矯正

これらの言葉は全て歯並び相談に来られた患者さんのものです。
このような症状は歯列不正が原因で生じています。歯列不正は歯とアゴの大きさのバランスの悪さから起こります。その他には歯が正しい位置に生えられない悪習慣(ほおづえ、指すい、舌癖、爪かみなど)の外力があります。悪習慣は取り除けば治りますが、歯列不正は放置していても治りません。歯列不正は決して見た目だけの審美的な問題でなく、歯にプラークが付着しやすいため歯周疾患やカリエス(ムシ歯)に罹患するリスクが高くなります。したがって歯列不正は予防の観点からも早期に改善する必要があると考えます。

矯正治療は絶対に歯を抜かないとだめ?

一般的に矯正治療というと、抜歯をして長期間歯にワイヤーを固定したまま歯並びをよくする治療だと想像されていませんか?
柳原歯科での矯正治療の基本は鈴木先生主幹の床矯正研究会会員として、非抜歯(歯を抜かない)で行う床矯正治療をしております。医院コンセプトに基づき、親からいただいた大切な歯を、1本も抜くことなく、アゴを拡げ正常な大きさにすることによって、その歯をキレイに並べる床矯正を行っています。問題なのは、歯が並ばないほど萎縮したアゴで、その上スペースを作るために歯を抜けばどうなることでしょう?アゴは今以上に小さく萎縮し、歯を抜いたために口の機能は低下し結果、顔の骨の発育が抑制されます。当医院では、床矯正によって萎縮したアゴを拡げることでスペースをつくり、歯を並べてしっかり噛めるようにしてカリエスフリー(ムシ歯なし)でいい顔を作ろう!を定義としています。

人間の体には無駄な器官はありません。すべての器官は人間が生きるために大切であり、それぞれの器官がバランスをとりあって生命を維持しているのです。したがって矯正治療のために健康な歯を抜くことで生体バランスが崩れることは明らかで、保存科出身の私はできる限り抜歯矯正はしたくないのです。ただ単に歯並びだけがよくなればいいのではなく、顔の正しい発育と育成が大切なのです。矯正治療を必要とする多くの患者さんのあごは劣成長で、あごが小さいため歯の生えるスペースが不足し、その結果歯列不正になったのです。その上歯を抜いてしまうと、噛む刺激がさらに不足してあごの成長・発育が妨げられます。まさに歯が顔を支配していると言っても過言ではありません。以上の理由からわたしは床矯正を軸として保存的な矯正治療をおこなっています。
おかしいと感じた時が適齢期

床矯正保護者の方からは治療の時期はいつが最適でしょうか?と、よく質問をうけます。私は、「“おかしい?”と思われたら治療開始の時期ですよ」といいます。現在当医院において、5歳の幼児さんからはじまり、40代のお母さままで幅広く床矯正治療を行っています。
治療の目的は、見た目だけのいい歯並びではなく、正しく噛む機能が得られる歯並びにしなくてはなりません。すなわち、機能が改善されれば形態もそれに伴います。つまり噛むことと顔の形とは密接に関係します。しっかり噛んであごへの正しい刺激が伝わることによって、本来そのお子さんの“より良い顔”に成長・発育していくのです。
歯並びの問題は単純にあごと歯だけの問題だけではなく、発育期のお子さまにおいては今後の一生の顔の形を決定する大切な問題です。様子を見ていても何も問題点は解決せず、発育不足の萎縮した顔のままです。「おかしい」と感じたら、様子を見ていないで早期に矯正治療を開始することを柳原歯科は勧めています。何よりも、「おおごと」にならない前に手当てすることが早道です。

床矯正カテゴリー

QRコード

柳原歯科医院オフィシャルサイト

PMTC専門サイト

ホワイトニング専門サイト

ガイドブックダウンロード

問診表

PDFファイルを読むためには無償配布のAdobe Readerをダウンロードしてください。(Adobe Readerはアドビシステムズ社の商標です)

Adobe Readerダウンロード


ページトップに戻る